ジュースに入ってる甘み成分の「ぶどう糖果糖液糖」について分かりやすく説明してみた

こんにちは、現役医療従事者のとってぃです。

異性化液糖(果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖果糖液糖)とは何!?砂糖水との違いは?」の記事では、異性化液糖の歴史から始まり、作り方を説明させていただきました。

前回は長くなりすぎてしまいましたので今回は、さらっと異性化液糖を紹介したいと思います。

気楽に読んでいただければなと思います。

1.『果糖ぶどう糖液糖』や『ぶどう糖果糖液糖』とは?

果糖ぶどう糖液糖やぶどう糖果糖液糖とは、異性化液糖の一種で、主にトウモロコシのでんぷんを原料に、化学的処理を加えてつくられるめちゃくちゃ甘い液体のことです。

もう少し具体的にいうと、トウモロコシなどのでんぷんを酵素反応によりぶどう糖に加水分解し、さらにぶどう糖の一部を果糖に異性化(ある分子の原子配列が変わること)したものです。

ドロッとした甘い液体で、ハチミツをイメージしてもらえればいいです。

砂糖水以上の甘さと値段の安さで、主にジュースによく使われています。

主成分は、ぶどう糖と果糖です。

1-1.異性化液糖の分類

「果糖ぶどう糖液糖」と「ぶどう糖果糖液糖」は、1980年に「日本農林規格(JAS規格)」によって定義されました。

それから少し遅れて、「高果糖液糖」も加えられました。

日本農林規格による異性化液糖の分類

異性化液糖分類①:ぶどう糖果糖液糖果糖の割合が50%未満
分類②:果糖ぶどう糖液糖果糖の割合が50%以上90%未満
分類③:高果糖液糖果糖の割合が90%以上

このように、異性化液糖は果糖の含有比率によって分類されています。

名前が果糖のほうが先にきていれば、果糖はぶどう糖よりもたくさん含まれています。

そして、果糖が特に多いものに関しては(90%以上のもの)高果糖液糖と呼んでいます。

1-2.異性化液糖の成分はなに?砂糖との違いは?

異性化液糖の主成分は、「果糖」と「ぶどう糖」です。

砂糖の主成分は、「果糖」と「ぶどう糖」です。

 

ではいったい何が違うんでしょうか???

 

結論をいいます。

 異性化液糖と砂糖水の違い

  • 異性化液糖:ぶどう糖と果糖がそれぞれ単独で水に溶け込んでいます
  • 砂糖水:砂糖(ぶどう糖+果糖)が水に溶け込んでいます

つまり、単糖(ぶどう糖、もしくは果糖)が単独で水に溶け込んでいるか、もしくは二糖(単糖が2つ結合したもの(例:砂糖(ぶどう糖+果糖)))が水に溶け込んでいるかという違いということです。

1-3.砂糖の特徴

砂糖の特徴は以下のとおりです。

  1. 果糖とぶどう糖が化学的に結合しています。
  2. 粉のように粉末です。
  3. (砂糖水の)濃度が高いと結晶化しやすいです。

 

1-4.異性化液糖の特徴

  1. 果糖とぶどう糖が化学的に結合していません。
  2. ハチミツと同じようにドロッとした液状になっています。
  3. 砂糖水より甘い液体をつくることができます。
  4. 砂糖水に比べて粘性が少ないです。
  5. 温度が低くなるほど甘みが強くなります。
  6. 濃度が高くても結晶化しにくいです。
  7. 加熱すると着色してしまいます(欠点)。

異性化液糖には上記のような特徴があります。

ですので、異性化液糖は粘性の少ないさらっとしている液体なので扱いやすく、味の切れもよく、食品にいれても結晶化しにくいため、食品メーカーでよく使われています。

また温度が低くなるほど甘みが強くなり、逆に加熱すると着色してしまうので、低温での利用(ジュースやアイスクリーム)に向いています。

さらに原料のトウモロコシは非常に安価なので、砂糖よりもコストを下げることができ、

こういった理由から、異性化液糖は砂糖の代替品として、食品メーカーで広く使われるようになりました。

 

2.異性化液糖の原料は?

ほとんどがとうもろこしから作られているので、アメリカでは異性化液糖のことをHFCS(High fructose corn syrup)とも呼んでいます。

直訳すると、高濃度フルクトース(果糖)のコーンシロップ(とうもろこしからつくった糖液という意味)ですね。

 

3.異性化液糖はどんなことに使われてるの?

異性化液糖は主に食品メーカーで使われていて、一般家庭ではその歴史が浅いためか、ほとんど使われていません。

用途としては以下のようになります。

  • 清涼飲料水:50%
  • 調味料:20%
  • アイスクリーム、お菓子、パン、缶詰など:30%

原材料表示には「ぶどう糖果糖液糖」または「果糖ぶどう糖液糖」と表示されているので、ぜひ一度確認してみてください。

 

それでは今回は以上です。

身近な食品に含まれているので、「成分表示でみたことあるけど・・・なんだか漢字ばかりでよく分かんないなぁ」

っていう感じの天然甘味料「ぶどう糖果糖液糖」について、今回は説明させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です