悪玉コレステロールと善玉コレステロールとは?違いを超わかりやすく説明してみた

「悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いってなに?」

 

 

この疑問に答えます。

1.コレステロールにはそもそも一種類しかありません

まず、コレステロールに種類はありません。

 

「コレステロールには、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2種類あるんじゃないの?」

そう思ってる人も多いかもしれませんが、悪玉だろうと善玉だろうと、実はコレステロール自体はまったく同じものです。

コレステロールはコレステロールなのです。

 

2.悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違い

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いは、結合しているリポたんぱく質の種類が違います。

2-1.コレステロールが乗っている船(リポたんぱく質)の違いで、悪玉と善玉に分けられている

そもそも、コレステロールは脂溶性なので水に溶けません。

つまり、コレステロールは血管やリンパ管のなかで、コレステロール単体のままでは移動することができないということです。

そのため、血液中をコレステロールが移動するための運搬役が必要となってきます。

その運搬役となるものが「リポたんぱく質」です。

イメージとして、「リポたんぱく質=船」「コレステロール=乗客」だと思ってもらえればいいです。

 

まとめると、コレステロールは「リポたんぱく質」と結合することで、ようやく血液中を移動できるようになるということです。

2-2.リポたんぱく質とは

引用:SGS総合栄養学院

リポたんぱく質は球状のボールをイメージしてもらうと分かりやすいです。

この球状のボールの中に、中性脂肪やコレステロールが入っています(上の画像参照)

ちなみに、リポたんぱく質の表面は、アポたんぱく質とリン脂質で構成されていて、親水性になっています。なので血液中を移動することができます。

リポたんぱく質の種類

比重の違いにより大きく下の4つに分けられます。

  1. カイロミクロン
  2. VLDL(超低比重リポたんぱく質)
  3. LDL(低比重リポたんぱく質)
  4. HDL(高比重リポたんぱく質)

 

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いは、この運搬役のリポたんぱく質の種類の違いということになります。ただそれだけの話しです。

 

3.悪玉コレステロールとは?

LDLに含まれるコレステロール(LDLコレステロール)は”悪玉コレステロール”、HDLに含まれるコレステロール(HDLコレステロール)は”善玉コレステロール”とよばれる。

引用:病気がみえる vol.3: 糖尿病・代謝・内分泌

LDLというのが「リポたんぱく質」のことです。

英語で、Low Density Lipoproteinの略で、直訳すると「低密度リポたんぱく質」です。

このLDLというリポたんぱく質の中に入っているコレステロールのことを、LDLコレステロールといいます。別名「悪玉コレステロール」です。

LDL=悪玉コレステロールではないので注意してください(LDLは、あくまでリポたんぱく質のことです)。

悪玉といわれる理由は、増えすぎると心筋梗塞や脳梗塞の原因になり、健康を害するからです。

3-1.悪玉コレステロールの役割

悪玉コレステロールの役割は、全身にコレステロールを供給することです。

 

コレステロール本来の役割は、全身の細胞、ステロイドホルモン、胆汁酸などの材料となることなので、非常に大切です。にもかかわらず、悪玉コレステロールという風に、悪いイメージの名称がつけられていますが、決して身体に悪いものではありません。

ただし、悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと、全身にコレステロールを供給しすぎて、血管の壁に張り付き、動脈硬化などの原因になります。

4.善玉コレステロールとは?

LDLに含まれるコレステロール(LDLコレステロール)は”悪玉コレステロール”、HDLに含まれるコレステロール(HDLコレステロール)は”善玉コレステロール”とよばれる。

引用:病気がみえる vol.3: 糖尿病・代謝・内分泌

HDLというのが「リポたんぱく質」のことです。

英語で、High Density Lipoproteinの略で、直訳すると「高密度リポたんぱく質」です。

このHDLというリポたんぱく質の中に入っているコレステロールのことを、HDLコレステロールといいます。別名「善玉コレステロール」です。

4-1.善玉コレステロールの役割

善玉コレステロールの役割は、全身の余ったコレステロールを回収することです。

善玉コレステロールが少ないと、余ったコレステロールを回収できず、動脈硬化のリスクが上がります。

 

ポイント

  • 悪玉コレステロールは多すぎると危険
  • 善玉コレステロールは少なすぎると危険

 

まとめ:悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違い

本記事の内容をまとめます。

悪玉と善玉のコレステロールの種類はなく、コレステロールは全て同じものです。

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違い

コレステロールは脂溶性なので、血液中を移動するためには、リポたんぱく質と結合しなければなりません。このリポたんぱく質の種類の違いが、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いです。

リポたんぱく質の種類

比重の違いにより大きく下の4つに分けられます。

  1. カイロミクロン
  2. VLDL(超低比重リポたんぱく質)
  3. LDL(低比重リポたんぱく質)
  4. HDL(高比重リポたんぱく質)

LDLというリポたんぱく質に結合しているコレステロールのことを、悪玉コレステロールといいます。

HDLというリポたんぱく質に結合しているコレステロールのことを、善玉コレステロールといいます。

例えるなら、

LDLやHDL(リポたんぱく質)
コレステロール乗客

だと思ってもらえればイメージしやすいと思います。

  • LDLという船に乗っているコレステロール(乗客)のことを、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)といいます。
  • HDLという船に乗っているコレステロール(乗客)のことを、善玉コレステロール(HDLコレステロール)といいます。

「LDL」や「HDL」はコレステロールを輸送するための船であって、コレステロールそのものを指すわけではありません。

つまり、

  • LDL ≠ 悪玉コレステロール
  • HDL ≠ 善玉コレステロール

だということです。

LDLやHDLのことをコレステロールというのは、乗客(コレステロール)を乗せた船(LDLやHDL)を、まとめて乗客といっているのと同じくらい変な言い方です。注意しましょう。

 

それでは今回は以上です。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です