肝臓の役割をまわりやすくまとめてみた

1.肝臓の血液の流れ

肝臓に出入りする血管は3種類
  1. 固有肝動脈
    →固有肝動脈は肝臓の栄養血管なので、酸素が豊富に含まれています。
  2. 門脈
    →門脈は、腹部消化器(胃、小腸、大腸、膵臓)と脾臓からの血液を集めて肝臓に運びます。
  3. 肝静脈
補足
固有肝動脈と門脈は、胆管とともに肝臓の下面にある肝門というくぼみから肝臓に入ります。。
肝臓からでていく血管の肝静脈は、肝臓の後面にある下大静脈にそそがれます。

肝臓の血管の走行に関する分かるやすいツイートを発見しましたのでのせておきます。

上の図は肝小葉を図示したものです。

肝小葉とは、六角形をした肝臓の最小構成単位です。肝臓は、この肝小葉がたくさんあつまって構成されております。

肝臓の血管は、肝小葉の外側から中心へ流れております。ただし、胆管は中心から外側へ流れています。

補足
・固有肝動脈は、腹腔動脈から分岐しています。
・肝門は、肝臓の下面のほぼ中央にあり、固有肝動脈、門脈、総肝管が出入りしています。

2.肝臓の役割

肝臓には、主に以下の4つの役割があります。

肝臓の主な役割
  1. 代謝
  2. 解毒
  3. 免疫
  4. 胆汁生成

3.肝臓における代謝

代謝とは

代謝とは体内で起こる化学反応のことです。

肝臓は体内における代謝の中心的な臓器です。

代謝(エネルギー代謝+物質代謝)とは何か?違いを簡単にわかりやすく説明してみた

2018年5月3日

例えば、腸で吸収されたグルコース、アミノ酸などの栄養素、その他の物質は、門脈に集められてまず肝臓に運ばれます。

つまり、体内に吸収された栄養素などは、とりあえず肝臓に集められます。

そこで栄養素などは肝臓による代謝を受けて、体内で活用できる形につくりかえられます。

以下、肝臓の代謝によって合成される物質、分解される物質、そして肝臓に貯蔵される物質の一例を紹介します。

補足:門脈
門脈は、腹部消化器(胃、小腸、大腸、膵臓)と脾臓からの血液を集めて肝臓に運びます。

3.1.肝臓で合成される物質

肝臓で合成される物質
  • グリコーゲン
  • 血漿タンパク質
  • 凝固因子
  • コリンエステラーゼ
  • トリグリセリド(中性脂肪)
  • コレステロール
  • リン脂質
  • リポタンパク

など

肝臓では、糖質、脂質、タンパク質などの代謝により、上記の物質が合成されています。

3.3.肝臓で分解される物質

肝臓で分解される物質
  • グリコーゲン
  • ステロイドホルモン

など

例えば、血糖値が低下した場合、肝臓に貯蔵されているグリコーゲンが分解されてグルコース(血糖)がつくられます。

補足
肝臓の重さの1/10はグリコーゲンです。

2.3.肝臓で貯蔵される物質

肝臓で貯蔵されている物質
  • グリコーゲン
  • トリグリセリド
  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンB12

  • など

3.肝臓で解毒される物質

肝臓で解毒される有害物質
  • 毒素
  • アンモニア
  • 薬物
  • アルコール
    など

肝臓は、アルコールや薬物など、体に有害な物質を、毒性の低い物質に変えて、尿や胆汁中に排泄する解毒作用をもっています。

例えばアンモニアは、肝臓で尿素回路(オルニチン回路)によって、人体に無害な尿素に変えられます。

【検査】採血項目のBUN(血中尿素窒素)とはなに?わかりやすく解説してみた

2018年12月6日

その他、腸内細菌が産生するLPS(リポポリサッカライド)などの内毒素(エンドトキシン)は、クッパ―細胞や樹状細胞によって処理されます。もし何らかの原因で処理できなければ、内毒素が全身を回り、重篤な状態になります。

4.肝臓の免疫機能

門脈血中にある腸から吸収した異物、有害物などをマクロファージの一種であるクッパ―細胞が貪食、消化して除去します。

5.胆汁の生成

胆汁の成分
  1. 胆汁酸
  2. リン脂質
  3. コレステロール
  4. 胆汁色素
    (赤血球の破壊によって生じるビリルビンが主)

肝臓は胆汁を生成しています。

胆汁の最大の役割は、不要物(ビリルビンなど)とともに腸に排泄することです。

また、胆汁は脂肪を乳化することで、脂肪の消化を助けるはたらきがあります。これにより脂肪は腸から吸収しやすくなります。

 

というわけで今回は以上です。

 

<注意事項>
本ブログに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、掲載された情報に基づく判断については利用者の責任のもとに行うこととし、本ブログの管理人は一切責任を負わないものとします。
本ブログは、予告なしに内容が変わる(変更・削除等)ことがあります。