【実体験】オナ禁を絶対に成功させるための僕なりの方法【食事が超重要】

オナ禁を失敗してしまった人「オナ禁を絶対に成功させる方法を知りたい!」

 

 

本記事では、僕なりに考えたオナ禁を成功させるための方法を教えます。

本記事の内容
  • オナ禁は気合と根性では成功しません
  • オナ禁を成功させるための基礎的な方法
  • 性欲を抑えることができる食事法の紹介(こちらがこの記事のメインです)
この記事を書いている僕は、以前までは性欲の衝動にどうしても勝つことができず、何度もオナ禁の失敗を繰り返していました(だいたい2週間がいいとこで、長くても1ヵ月くらいしかオナ禁を継続できていなかったです)。

それが今では半年以上もの長期間、特にオナニーをしたいという衝動もなく、楽々オナ禁を継続できています。

楽々継続するポイントになるのが「性欲のコントロール」です。

というか、性欲のコントロールさえできれば、オナ禁とか意識することなく自然とできている状況になります。

というわけで今回は、性欲をコントロールするという観点から、オナ禁を絶対に成功させることができる方法を紹介したいと思います。

気合とか根性とかそういうのは一切いらないので、ストレスもかからず、楽々実践できますよ。

1.そもそもオナニーを我慢することはできない

僕の経験上オナニーを我慢しているという状態では、長期のオナ禁を成功させることは絶対にできません。

だれしも経験あると思いますが、エロ動画などをついうっかりみてしまって一度盛り上がってしまった性欲を抑えることって相当なエネルギーを消耗するはずです(もはやこうなってしまった時点で、いくらオナニーをしなくともオナ禁は失敗してるのとほぼ同じ)。

自分との葛藤で何時間も時間を無駄にしてしまうこともしょっちゅうです。そしてリセットして、そのたびに激しい後悔に襲われます。

性欲を抑えるために、外に出てウォーキングするとか、10分間心を落ち着かせるとか、いろんな方法がネットに書かれていますが、正直頭の中がエロ一色でそれどころではありません。

とにかく早くオナニーしてしまいたい、スッキリして解放されたい、そんな状態に脳内が支配されているので、冷静に他のことなんて考えてられる余裕は一切ありません。

1-1.性欲は人間の三大欲求の一つ

それもそのはずです。

性欲は人間の三大欲求の一つであり、僕たち生物の大きな目的は以下の2つです。

生物の目的
  1. 生存
  2. 子孫を残すこと

なので、いかに強力なパワーを秘めているものなのかを説明するまでもないと思います。

つまり、自分の意志で性欲を抑えたりだとかは相当難しいということです。

なので、オナニーを我慢している状態、というのはそもそも長続きしません。

もし仮に我慢できた時があったとしても、身体に相当ストレスがかかってそれ自体良くないですし(ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されます)、いずれ必ず失敗するときがやってくると断言します(僕個人の体験上)。

2.【オナ禁成功の唯一の方法】性欲をコントロールすること

なので、長期のオナ禁を成功させたいなら、性欲をコントロールすることがなによりも大切です。

なにを隠そう以前のわたしは、エロ動画を見ずとも、街中で好みの女性やグラマラスな女性を見かけただけでムラムラしてしまっていまうという散々たる有様でした。

こういった状態だと、ふとしたエロトリガーがきっかけで、リセットしてしまうリスクが常につきまとい、非常に危険です。ましてや長期のオナ禁なんて絶対に無理です。

しかし今では、そういった街中の美女に心かき乱されることもなく、性欲に頭の中が支配されることはほぼなくなりました(決してゲイになったわけではありません(笑))。

それに加え、エロ動画を見たいという衝動も一切なくなりました。

そのうえ、女性を見た目ではなくて、中身で判断するようになりました。

この記事では、性欲の塊だったころの僕から、今のような理想的な紳士(笑)になることができるようになったのか、その方法をこれから紹介していきます。

3.オナ禁を成功させるための基礎的な方法

①エロサイトは絶対に見ない

これはまぁ言わずもがなという感じだと思います。

オナニーさえしなければエロサイトは見てもいいよね?みたいなことは考えないでください。

絶対にエロサイトは禁止です。

これは当たり前です。

②エロい想像はしない

頭の中だけのエロイ想像は、エロサイトを見るよりもなんだか心のハードルが低く、やってしまいがちなことだと思います。

最終的に抜きさえしなければ、オナニーによる悪影響とかもなさそうに思えるんですが、エロイ妄想も絶対にやめてください。

いつ何時エロトリガーが発動してエロサイトを見たいという欲求が出てくるか分かりませんし、それ以上に僕の体感として、エロい想像をするだけで明らかにオナ禁効果が弱まります。

エビデンスとかがあるわけではありませんが、オナ禁の効果を得たいならエロイ想像も絶対にしないほうがいいと思います。

エロを考えそうになったら、30分くらいのランニングがおすすめです。汗とともに不純な思考もあわせて洗い流せます。

③夢中になれることを探す(暇な時間をつくらないこと)

暇なときというのは手持ち無沙汰になって、ネットサーフィンをしているうちについついアダルトなワードを検索にいれて・・・なんてことよくありますよ。僕も何度、これで痛い目をみたことか・・・

なので、暇なことをつくらないようにやることをある程度決めておくのがいいと思います。このとき、できるだけ自分が心から面白い、夢中になってやれるものにしてください。

なにかに夢中になってるときって食事をとるのも忘れてしまった経験は皆さんにもきっとあると思います。

僕の場合ですと、小学生時代のはなしになりますがTVゲームをしているときは食べることも忘れて気づいたら明け方、なんてこともしょっちゅうありました。

つまり、自分が心から好きだな、楽しいなと思ってることをしてるときっていうのは、人間の三大欲求を封じ込める有効な手段になりうるということです。

スポーツでも、映画を見るでも、読書をするでも、ゲームをするでも、最近ではYotubeを見るでもいいので、自分が面白いと思ってるものに一生懸命取り組みましょう。

そして、腫れて長期オナ禁を成功させることで、暇な時間を昔のように持て余すことがもったいなく感じられるようになり、なにかやりたくなってきます。この有り余ったエネルギーをオナニーに消費するんではなく、別のことにチャレンジしてみましょう。

なにかに一生懸命に取り組むうちに、どんどん芋づる式でいろんなことに興味がでてきます。そのためにはまず、長期オナ禁を成功させることがなによりも重要です。

オナ禁のモチベーションを上げるために、世界的な名著の一文を紹介します。

 成功を遂げた著名な人々を二万五〇〇〇人以上も分析した結果、次のことがわかった。すなわち、四〇歳以前に成功した人はほとんどいないこと。そして、ほとんどの成功者が五〇歳を過ぎてから自らのペースを把握していること、である。この事実はあまりにも驚くべきことであったので、私は、その原因を徹底的に研究してみた。

 その結果、大多数の人々が四〇歳から五〇歳になるまで、なぜ成功できなかったのか、という根本的な原因の一つが明らかになった。それは大多数の人が、若いときにはセックス・エネルギーを、ただ肉体的にはっさんするばかりで浪費しきってしまっている、ということであった。若いときには、肉体面以外の、もっと重要なものに転換できるということがわからないのである。このことがわかってくるのは、性的エネルギーが最も激しい時期を過ぎた四〇歳から五〇歳になってからなのである。

上記の本は自己啓発本の本書によると、ほとんどの人の若いころは性欲のエネルギーをセックスばかりに費やして、自己実現のためのエネルギーには向けられていないとのこと。

逆に言うと、若いうちからこのことに気づいていれば、周りの人よりも一歩先に抜きんでて大きな成功を収めることができる可能性があるということです。

そのためにまずは長期オナ禁を頑張って成功させましょう。これから説明する食事の改善によって、いとも簡単に成功させることができます。

4.【断言】性欲と食事には密接な関係があります。

ここからが実はこの記事で一番いいたいことである、性欲と食事の関係性についてです。

ここからは主に僕の実体験をもとに話します。

僕の場合、完全無欠コーヒーを飲み始めることで性欲をグッと抑えることができました。

4.1.完全無欠コーヒーで性欲を抑える

完全無欠コーヒーとは?

ホットコーヒーに、MCTオイル(大さじ1~2杯)とギー(大さじ1~2杯)をいれたコーヒーのこと

朝はこれだけ飲めば、他に食事を一切食べなくても昼くらいまでなら空腹感を感じることがありません。そのうえ、食べ物の消化にエネルギーを使わない分、頭の回転も上がるという副次的な効果もあります。

完全無欠コーヒーの材料は「MCTオイル」「ギー」「コーヒー」の3点です。

MCTオイル

ギー

コーヒー

4.2.MCTオイルの効果

完全無欠コーヒーで使うMCTオイルには、男性ホルモンの一種である、ジヒドロテストステロンの分泌を減らすとの研究結果があります。

参考文献:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19353546

ご存知のとおり、オナ禁の目的の一つが、このジヒドロテストステロンの分泌を減らすことです。

ジヒドロテストステロンの悪影響
  • 体臭がきつくなる
  • ニキビができやすくなる
  • やる気が出なくなる

MCTオイルは、このジヒドロテストステロンの分泌を減らす効果があるといわれています。

ですから、オナ禁失敗後にもMCTオイルはオススメです。

4.3.食事を変えた結果、性欲が抑えられるようになる

また、残念ながらエビデンスは見つからなかったんですが、このMCTオイルには性欲抑制効果もあるのではないかと個人的には思っています。

実際、完全無欠コーヒーを毎朝飲み始めてから、性欲が激減しました。かといって無気力になるかというとそんなことはなく、本当に重要なことに意識が向かうような感じです。

それと同時に、食事の大幅な改善もおこないました。これの効果もあったのではないかと個人的には思っています。そのときの食事レポートは下記の記事で書いてます。

まとめ

性欲は人間の三大欲求の一つなので、気合と根性だけで乗り切れるものではありません。

 

長期オナ禁を継続するためのポイントは、性欲をコントロールすること。

そして、性欲をコントロールするために、とくに毎朝の完全無欠コーヒーと日ごろの食事の改善が大切であるということです。

 

一度でも長期オナ禁(3ヵ月以上)が続くと、有り余ったエネルギーを仕事や勉強に充てることができ、それによっていろんなことに興味がもてるようになり、オナニーの時間が無駄だと感じられるようになります。

ここまでくると、「オナ禁」なんてことを意識しなくても、オナ禁をできるようになってきます。ここまでくれば理想的です。

最初が一番つらいですが、3ヵ月間だけでもトライしてみてください。

もし、万が一オナ禁に失敗してしまった!という人がいましたら、下記記事をご覧くださいませ。

僕が実際に効果を感じたオナ禁失敗後(リセット後)の回復方法を紹介します。

2018年5月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です