看護師がモテない理由を考えてみた【僕の独断と偏見です】

 

 

現役の医療従事者「看護師と一緒に働いてるけど、看護師のことが嫌いすぎる。仕事だからなんとか頑張って働いてるけど、、、辛すぎる。」

 

 

こんにちは、とある病院のコメディカルのとってぃ(@totthi1991)といいます。

僕は病院で働いているので、看護師さんと一緒に仕事をしています。

 

この仕事を始める前の看護師のイメージは、『白衣の天使』でした。しかし今はそのイメージを全くもってもっていません。

 

この記事ではそのことについて書こうと思います。

 

あくまで僕の職場での話であり、僕自身の独断と偏見がかなり入っていますので、そこだけは注意してください。

 

1.看護師は独身の人のほうが多い

僕の部署には、女性の看護師はだいたい20人くらいいます。しかしその半分以上は独身者です(バツイチも含めてます)。

別に20代前半のきゃぴきゃぴしてる若い看護師ばかりで、というわけではなく僕の職場ではアラサーとアラフォーが大半です。

 

調べてみたところ、2015年のデータでは女性の初婚年齢は29.4歳(男性の場合31.1歳)で、計算したわけではないですが、僕の見立てでは明らかに初婚年齢をオーバーしてしまっています。

40歳になってもまだ結婚したことがないってい人は、一人や二人じゃないですからね。うじゃうじゃいます。

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”totthi.jpg” name=”とってぃ”] 看護師に独身が多い理由をこれから考えていきますね[/speech_bubble]

 

 

2.看護師は仕事に生きてる人が多いから結婚なんてしないというのは嘘

看護師は仕事がめちゃくちゃ大変です。そのぶん、その辺にいるサラリーマンなんかより稼いでいます。しかし夜勤や残業などで変則勤務だったり、勤務時間が長かったり、そしてこれが他の仕事との大きな違いなんですが、一つの些細なミスが患者さんの命に関わります。

正直一緒の現場で働いてる僕からみてとても給料に見合った仕事とは思えません。

 

でもだからこそ、看護師という仕事にはやりがいがあります。

「看護師はその辺のOLなんかよりも責任が重くて大変な仕事だ」「大変けどやりがいがあるから仕事が楽しい。仕事と結婚してるようなものだ」

みたいな考えも、その仕事の過酷さゆえに出てくるんだと思いますが、これは間違いであると断言します。

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”totthi.jpg” name=”とってぃ”] そもそも女性としての魅力がないんですよ[/speech_bubble]

 

2.1.看護師は女性としての魅力がない

結論をいってしまえば、これになります。

 

一般的に結婚しないパターンには2つあります。

  • 1つ目のパターン:めちゃくちゃモテるんだけど、あえて結婚しない
  • 2つ目のパターン:まったくモテないから、とうぜん結婚できない

で、独身の看護師に多いパターンが後者です。

まったくモテないから結婚ができてないだけなんです。

 

看護師の中には、「仕事が忙しいから男どころじゃないわ!!」みたいなオーラを出して、結婚もしない、彼氏もいない理由にしてしまってる人がいます。

しかし原因は仕事じゃないんです。そもそも女性としての魅力がないからなんです。

 

少なくとも僕は、そういうことを言ってるような看護師のことを異性として魅力をまったく感じていないです。

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”totthi.jpg” name=”とってぃ”] 看護師に独身が多いのは、単純に女性としての魅力がないからです(その辺のサラリーマンよりも小金をもってるので美容にお金をかけれるので、容姿に関しては綺麗なひとが多いですが)[/speech_bubble]

 

3.どうして看護師は女性としての魅力がないのか

3.1.理由① 患者さんの悪口や陰口ばっかりいってる

これは別に病院に限った話ではないと思います。ただ、実際問題としてとても多いです。

スタッフ同士の悪口や陰口はまぁ当然として、患者さんに対しても平気で悪口や陰口を言います。

(いうまでもなく、患者さんの前では猫をかぶるんで『白衣の天使』です。)

 

でもバックヤードに入った瞬間、

「患者ってほんとに自分勝手すぎる」「こっちがなんでもするからって、どんどんわがままになっていってる」

ってな調子です。

(そういう話しが嫌でも聞こえてきてしまいます。聞くだけでも嫌な気持ちになるので毎日憂鬱です。)

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”totthi.jpg” name=”とってぃ”] スタッフ同士ならまだしも、病気でつらい思いをして病院にきてる患者さんの悪口をいうのはせめて我慢しようよ・・・ [/speech_bubble]

 

3.2.理由② 人の命を預かってるがゆえにストレス過多

看護師は医師の指示のもとに、患者さんに対していろんな処置をします。

例えば薬を輸液したり、傷の処置をしたり。あとは患者さんの問診や観察をしてしっかり情報を収集し、それを正確にドクターに報告したりとか(間違った情報を伝えたりなんかしてしまったら大変です)。

 

でももし、間違った薬を輸液してしまった、患者さんの症状に気づけなかった、あるいは見過ごしてしまった、なんてことがあると、あとで患者さんの状態が急激に悪化してしまうこともあります。

そういった、命に直接関わっているという日々のプレッシャーによって、余裕のなくなってる看護師さんが多いなと思いました。

かんたんな薬剤の調合でも、ちょっと間違っただけで大変なことになりますからね。常に気を張ってるので疲れがたまってる人が多いです。

 

そのためか、冷静にゆっくり判断すればいいような場面でも、物言いがきつくなってたり、あたふたしてしまったり、無意味に慌ててしまったり・・・。

落ち着きのある大和撫子とは真逆です。

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”totthi.jpg” name=”とってぃ”] 日々のストレス過多な仕事がら、どうしても余裕がない看護師さんが多いです [/speech_bubble]

 

3.3.理由③ モンスター患者の発生

そうはいっても、多くの看護師さんは患者さんに対しては真摯に、誠実に向き合って仕事をしています。

しかしそれをいいことに、理不尽な要求をしてくるモンスター患者さんもいます。

もちろん、そういうときはこちらも少し強気に出ていけばいいんですが、なかなか難しいのが現状です。

 

なぜかというと、それは周りのスタッフの目があるからです。

 

患者さんが理不尽な要求をしても、それを神対応で受け止める看護師さんがいたとします。そして二回目にまた同じ患者さんが同じ理不尽な要求をしたとします。そのとき、別の看護師さんが対応した場合、「最初の看護師さんは理不尽な要求でも神対応して対処してたでしょ」、という周りのスタッフからの無言の圧力がかかってきます。(病院スタッフは患者さんとのトラブルを死ぬほど嫌がります)

そうなるとやはり、二人目の看護師さんも言いたいことはぐっと我慢して、患者さんの理不尽な要求に耐えなければいけなくなります。

 

こんな感じでまさに雪だるま式で、どんどん看護師さんの負担は大きくなっていきます。これもストレスの一因になります。

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”totthi.jpg” name=”とってぃ”] どんなモンスター患者にも神対応をしてしまう看護師さんがいるせいで、他の看護師さんもそれをマネしなきゃいけなくなってしまう。それがストレスの原因になっています。 [/speech_bubble]

 

まとめ

簡単にまとめると、看護師さんはその仕事柄、常に強いストレスを感じています。

こんなストレス過多な状況では自分自身に余裕がもてず、それが態度としてあらわれて女性としての魅力がなくなってしまいます。

 

この記事は僕の独断と偏見が相当入っています。なので参考程度に、そういう病院もあるんだなぁくらいに思ってくれればと思います。

以上、現場からの報告でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です